メタボリック症候群の予防

最近よくテレビや雑誌などで取り上げられるようになった、メタボリック症候群という言葉があります。メタボリック症候群とは、一体どういうものでしょう。

2004年にメタボリック症候群の診断基準というものができました。メタボリック症候群の診断基準で最初に挙げられる点は、へそ周りが男性は85センチ以上、女性は90センチ以上かどうかです。

メタボリック症候群は早め早めに対応した方がいいので、該当する人はより詳しい検査を受けてください。メタボリック症候群の診断基準は、腹囲が該当し、かつ高脂血症高血圧高血糖のどれか2個に当てはまることです。

中性脂肪の数字が150mg/dl以上かHDLコレステロール40mg/dl未満、あるいは両方にあてはまると高脂血症です。血圧の上が130mmHg以上、または下が85mmhg以上ならば高血圧。両方が当てはまる時も高血圧です。最後に、高血糖かどうかは空腹時血糖が110mg/dl以上が境界です。

まずは病院でしっかりと血液検査などをしてもらいメタボリック症候群であるかどうかの判断をしてもらうことからメタボリック症候群の予防と改善は始まります。メタボリック症候群は生活習慣病の温床です。血液中の中性脂肪量が多いと、動脈硬化などを引き起こしやすくなります。動脈硬化が原因で起こる病気はおそろしいものです。肥満が気になる人はまずメタボリック症候群の予防に努めましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。