卵好きのメタボな人には朗報

ダイエット中は朝食に卵=ベーグルより体重減少−米研究チームhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080814-00000027-jij-soci&kz=soci

なんと、「肥満の人が食事のカロリー制限を続ける場合、朝食メニューの一部として鶏卵2個を食べると、同じカロリー分を卵やバターを使わないベーグルで取った場合に比べ、体重の減少幅が6割も大きいことが分かった」というのである。

良質のたんぱく質が体質改善に役立つほか、ベーグルより食事の満足感があり、ダイエットを続けやすくなるという。

卵はコレステロールを増やす、だから、メタボな人は卵を1日1個か摂らないほうがいい、というのがこれまでの常識。一方で、卵のたんぱく質が非常に質がいいことも有名。

あるプロの野球選手は、良質のたんぱく質を採るために、ゆで卵10個を毎日食べている。しかし、黄身は捨てて、白身だけ食べているという。卵好きの私は、もったいないなあ、と思いながら、テレビをみていましたが、この調査結果で、なんだか安心して卵が朝食で食べれると思い、嬉しい気持ちになりました。

卵ほど、美味しくて、安くて、栄養価の高い食べ物はほかにありません。朝食に卵を2個食べても、しっかり運動して、カロリー制限すれば、痩せられるんですね。

メタボリック解消には心のエネルギーが必要です。美味しい卵を朝から摂って、元気にメタボ解消のためのダイエット生活を続けましょう!!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。