コレステロールを下げすぎると危険

今日、書店で立ち読みした本の内容に驚いた。

コレステロールを下げすぎると、免疫力が落ちて、癌などの病気にかかりやすくなるというのだ。

私は糖尿病高脂血症なので、クレストールという血中コレステロールを下げる薬剤を処方されて飲んでいる。

おかげで、血中コレステロールは、250以上だったのが、今や150以下にまでなった。

しかし、この本には、コレステロールは200以上あるほうが長生きできると書いてある。

確かに、コレステロールは、細胞を形成する重要な成分なので、薬で強制的に減少させれば副作用の問題も生じかねない。

高脂血症で薬を飲んでいる人は参考にすべき本だと思う。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。