怖い怖い糖尿病合併症

三大成人病というと、癌、心筋梗塞、脳梗塞(脳卒中)で、日本人の死因の60%を占めているといわれている。

しかし、糖尿病も怖い病気である。今日の毎日新聞に「なくそう減らそう糖尿病」というタイトルで特集が組まれていた。

糖尿病の合併症というのは、高血糖の状態が長く続くことで、さまざまな血管機能障害を引き起こし、網膜症、腎症、神経障害といった症状を引き起こすものである。

網膜症は、失明をもたらすものである。腎症は、腎不全になり、人工透析治療を要するようになる。また、神経障害は、壊疽(えそ)を引き起こし、足切断を余儀なくされる。

想像しただけで、ぞっとするような合併症を引き起こすのだ。

人工透析の辛さは、よく話題となることである。週3回、4時間の人工透析は、死にたくなるくらい辛いらしい。さらに、糖尿病からくる腎症で人工透析を受ける人の5年生存率は、50%しかないそうだ。

癌のような病気の腎臓を移植した医者が今議論の的になっているが、人工透析を受ける腎臓病患者にとっては、癌でも何でも、腎機能が回復さえすれば、ありがたいということだろう。

糖尿病は、食事や運動によって予防できるのだろうか、次回は、その辺について、調査の上、このブログで記事を書きたいと思っている。

菊芋王

人気blogランキング(ダイエット)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。