メタボリックシンドロームの予防

メタボリックシンドロームのことを病気と思っている人もいるかもしれませんが、病気につながる状態のことで、病気そのものではありません。その上、診断基準に当てはまる症状を持っていても痛い、辛いなどのわかりやすい症状はありません。

この自覚症状がないという点が、何よりも問題点で、最終的な動脈硬化の症状が出るまで気づかないようなこともあるのです。しかも動脈硬化の場合初期症状はほとんどなにもないのが普通で、体に何か変化を感じ始めたときは、すでに予防では間に合わず、病状がかなり進んでいる場合もよくあるのです。

メタボリックシンドローム
が進んでからの改善は困難です。病気を起こしてしまわないうち、そしてその前にメタボリックシンドロームになってしまう以前に予防措置をとっておかなければなりません。

まず自分の体について状態を熟知すること、これこそがメタボリックシンドロームの予防のためにはじめにすることなのです。そのためにはきちんと健康診断を受け、自分がメタボリックシンドロームかどうか調べてみることから始めましょう。

そうすることで現在の自分が危険かどうかを知ることができ、予防をしようという気持ちにもつながるでしょう。近所の病院にいってみることもできるでしょうし、ほかにも健康診断でその判断をあおぐ、という手段もあるでしょう。人間ドックと健康診断は似たようなものだと思われがちです。しかし人間ドックは健康診断をより細かくみるものであり、メタボリックシンドロームがどうかを知るには健康診断で十分です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。