脂肪肝治療に適した食事

脂肪肝になる要因は、脂の多い食事やアルコールを摂り続けることで、脂肪が肝臓にたまってしまうことです。それでは脂肪肝を治すのに適した食事とは、具体的にどのような食事の摂り方ということになるのでしょうか。

そにはまず、肥満を招かないよう食べ過ぎに気をつけ、食事は腹八分目を心がけることです。たとえば未精白米に雑穀を混ぜたり、パンや麺類も全粒だとさらによく、またたんぱく質はできるだけ植物性食品から摂るようにするといいでしょう。

肉や乳製品といったものは血液を汚す元になるので、できれば控えるようにしましょう。また脂肪を過剰に摂らないようにし、白砂糖や刺激になる香辛料はなるべく避けるようにすることが、脂肪肝治療に適した食事です。

そしてミネラルやビタミンを充分に摂るよう心がけ、玄米発酵食品を利用して、ビタミンを多めに摂るようにするといいでしょう。肝臓に障害がある場合はビタミンやミネラルが貯蔵されにくくなっていて、新鮮な野菜をたくさん摂ることも、脂肪肝治療に適した食事では重要なのです。

また脂肪肝の人は、アルコールは禁止するのが基本的な条件です。もうひとつ気をつけたいことは、肝臓は人工的に合成されたものを解毒する力が弱いので、合成添加物や農薬などを取り込まないように、食品への付着などにも気を配りたいものです。

脂肪肝治療に適した食事の際には、なるべく自然のものを食べるようにするとよく、そうすれば脂肪肝の人の肝臓にあまり負担がかからないですみます。こうして脂肪をできるだけ避け、バランスも考えた食事をよく噛んで摂るようにすると、脂肪肝の改善につながるでしょう。
タグ:脂肪肝 肥満


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。