ダイエット時に心がけたいこと

ダイエットを進めるためには、余分なカロリーを摂取することのないよう食事には気を配らなければなりません。

人の基礎代謝は10代半ばを過ぎると、だんだん低くくなるものなのです。若いときと変わらない食事の摂り方を続けていることが原因で、カロリーをとりすぎている人は、成人を過ぎるととたんに太り始めることがあります。

大体でもいいのでカロリー計算をして脂肪燃焼ダイエットをし、カロリーを摂り過ぎないようにすることが重要です。

脂肪燃焼のための運動
を継続していると、途中で体重が減らなくなるようなときがあります。このような現象は、体が消費エネルギーを必要以上に使わないようにするために起きるもので、適応現象と呼ばれています。

適応現象は数週間で終わりますが、この時点でダイエットを中断したり、食事の量を元に戻したりすると脂肪燃焼が止まり、体脂肪が逆に増加します。これがいわゆるリバウンドと呼ばれる現象です。

また、脂肪燃焼ダイエットの運動をする場合は、水分をしっかりとることが重要で、もし有酸素運動の前後で水分を摂らなければ汗がうまく出なくなり、体温調節がうまくいかなくなります。水を飲むだけで太るということはないものです。

脂肪燃焼ダイエット
中は高カロリー食品は控えましょう。油をたっぷり含んだスナック菓子、たとえばポテトチップスなどはかなりカロリーが高いので、控えるようにしたい食品です。しかし絶対食べないというような方法はストレスの元になるので、食べる頻度を少なくしたり、食べるときも少しだけにすればいいのです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。