お腹に脂肪がたまっている人がなりやすい病気

お腹に脂肪がたまると、かかってしまう病気などはあるのでしょうか。まずお腹の脂肪の大部分を占めるのが中性脂肪であり、このお腹の中性脂肪が増えすぎると動脈硬化の進行に悪影響を与えるといわれています。

血液中で中性脂肪が増加すると、善玉コレステロールが減少し、血栓ができやすくなるのです。それが命に関わる恐ろしい病気、脳梗塞や心筋梗塞などにつながりやすくなるのです。

お腹まわりに内臓脂肪がたくさんついている人は、動脈硬化、糖尿病、また高血圧、高脂血症といった生活習慣病につながりやすくなるといいます。生活習慣病はなかなか治りにくい病気で、一度かかると生涯治療し続けなければならないことも多いのです。

お腹に脂肪がたまっている人の問題は、見た目からお腹の脂肪を減らしたほうがよいのではといった簡単なものではありません。それが原因でさまざまな恐ろしい病気にかかるわけで、私たちの健康には深く関わった問題なのです。

お腹に脂肪
がたまっているなと少しでも感じる人は病院で一度血液検査などを受けてみることをおすすめします。自分の体脂肪などの数値を知ることは、健康管理の第一歩です。普段の生活で、食事の習慣を改善しながら、適度な運動も励行し、お腹の脂肪を取るようにしましょう。お腹の脂肪が取れるとウエストがすっきりとスリムになれることはもちろんですが、同時に冷え性や肌荒れなども改善することができ、いいことばかりなのです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。