メタボリック症候群を食事で予防する

メタボリック症候群の予防のためには、正しい食事の仕方をすることです。自分の食事の仕方を振り返り、必要以上に食べたりしていないかチェックすることが、まず予防として大切なことです。満腹になるまで食べようとしたり、体のためと信じ込んで明らかにカロリーオーバーの食事をし続けている人もいるでしょう。

間食に清涼飲料や缶コーヒー、スナック菓子などを食べるなどの食習慣はメタボリック症候群の予備群になり得ます。このような食生活を改善し、それからメタボリック症候群の予防として進めていきましょう。

人が一日に必要とするカロリーは、適正体重により決められています。自分の適性体重を知るには身長(m)×身長(m)×22で計算します。そして1日に必要なエネルギー量は適性体重1kgあたり、デスクワークの人で25〜30キロカロリー、立ち仕事や外回りが多い人で30〜35キロカロリー、体をよく動かす仕事の人で35〜40キロカロリーだといわれています。

このカロリーの目安を頭に入れた上で食事をするようにすると、メタボリック症候群の予防になるでしょう。適正なカロリーを守って食事をすることのほかに、よくかんで食事をするということも、メタボリック症候群の予防として必要なことです。食べ物を良くかむことは消化吸収を良くすることでもあり、食事の時間も長くなって満腹になりやすくなります。つい食べ過ぎてしまうということを防げるので、メタボリック症候群を予防するという意味では効果的でしょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。