メタボを予防する食事とは

バランスの取れた食生活を心がけることで、メタボリックシンドムロームの予防になるのは当然です。

そのバランスのいい食事内容の指針として。厚生労働省の作った基礎食品群をまんべんなく摂取できるような食事内容があります。

炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンC、カルシウム、カロテンの6つです。

カロリー調整もメタボリックシンドロームに必要ですが、栄養素を意識することで自然とできます。毎日続けることは非常に難しいですが、できるならば一日30品目を目安にメニューを作ることができれば健康維持には有効です。一応の目安として、主食には副菜と主菜の2皿をつけることです。

メタボリックシンドロームの予防になるようできることを少しずつしていきましょう。これだけでメタボリックシンドロームの予防に一歩近づきます。

ラーメンや丼ものなどの一品料理をできるだけ控えめにして野菜中心の食生活を心がけ、できれば果物を一日に一回は食べる習慣をつけましょう。和食の定食形式の食事は、メタボリックシンドロームの改善に効果的です。低カロリーで、植物性食品と動物性食品のバランスが取れた食事が望ましく、和食はその条件を満たしています。

メタボリックシンドロームの予防
をしたい人は、なるべく食事を和食中心にもっていくと効果的です。大豆製品は低カロリーで良質なタンパク質を多く含んでいるので、タンパク源は肉より魚や大豆類を摂りましょう。味付けは薄味がよいので塩分は控えましょう。そして、栄養素が偏らないように野菜の少ない丼ものなどは気をつけましょう。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。