メタボリックサプリメントの効果

メタボリック対策は、運動と節食の2つに尽きますが、メタボリックサプリメントをうまく利用すれば、より効果的に行うことができます。メタボリックサプリメントの効能を知って、メタボリック対策に役立てましょう。

アミノ酸の一種であるL-カルニチンは、脂肪を燃焼させダイエットに役立つ物質として脚光を浴びています。このL-カルニチンは元々体の内で作られる成分ですが、年齢を重ねると作り出す力が落ちていきます。

コエンザイムQ10もメタボリックサプリメントです。コエンザイムQ10は、脂溶性のビタミン物質で、エネルギーを作る為に欠かせない栄養素です。

人体の糖質をコントロールする力のあるサプリメントはビール酵母です。お菓子や炭水化物をよく食べて糖分バランスが崩れているという自覚のある人は、ビール酵母がいいようです。

ビタミンPという名前を持っているルチンもサプリメントによく使われます。ソバに多く含まれる、ポリフェノールの一つです。ルチンは、ビタミンCの体内での取り入れを助け、抗酸化作用を高める物質です。

メタボリック症候群を軽減する成分としてはアディボベクチンという物質が脚光を浴びており、サプリメントにも活かされています。

脂肪を吸着して体外に排出するサプリメントとして、シルクフィブロインもあり、中性脂肪値・コレステロール値・血糖値が高い方におすすめです。ルンブルクスルベルス末サプリメントは、ミミズのタンパク質が含まれており、健康にとって大事な成分である事が報告されています。

40〜74歳の人に国が義務付けているメタボ検診を受けて、自分の症状をしっかり把握し、自分に合った成分のメタボリックサプリメントを自分の目で選びましょう。

サプリメント選びに迷ったら、医療機関を頼ってみるのも方法です。場所によっては、メタボ治療のためにメタボリックサプリメントを出してくれます。

楽天通販でも、人気商品の多くはメタボリックサプリメントです。

 ナント…送料無料!!【7DAYS(セブンデイズ) 3個セット】ご注文の早い方より順次お届け

痩せていても無縁でないメタボリック

<メタボ健診>「やせ」でも血液数値、基準値超…4人に1人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081005-00000009-mai-soci

BMI値が18.5未満の「やせ」の人でも、血糖値など血液検査のいずれかの数値が特定健診(メタボ健診)の基準値を超えている割合が4人に1人に上ることが、日本医療データセンターの大規模解析で分かったそうです。

太っていればメメタボリック症候群、というのはだいたいそうですが、痩せていても、4人に1人が血液検査の基準値オーバーというのには驚きですね。

痩せている人は、安心感から、大食いする人が多いかもしれません。テレビ番組の大食い選手権などに出場している人を見ると、ギャル曽根を筆頭に、みなやせ型ばかり。

あの人たちは異常体質なので、ここで持ち出すのは変かもしれませんが、やせ型だから大丈夫と高をくくって、好きなものだけ食べていると、心筋梗塞などにかかる可能性があるわけですからかえって危険です。

われわれ、おデブちゃんは、自分が太っていること、メタボリック症候群であることを自覚していますから、それなりに食べるものには気を使っています。

やせ型の人も、メタボリック症候群に気をつけないといけないという警鐘となる今回の解析結果でした。

やせにもデブにもお勧めなのがこれ!
エバーライフ おいしい青汁〈新鮮搾り〉(30包) 3箱セット 8,505円...

メタボリック症候群とおそろしい病気

健康維持のためにはメタボリック症候群解消が必要だといわれますが、どんな理由があるのでしょう。

それは、この症状が恐ろしい病気の予備軍になりやすいと見なされるからです。メタボリック症候群が進行すると動脈硬化がおこります。そしてこの動脈硬化はある程度進行しないとなかなか症状としてあらわれにくいやっかいなものなのです。

そのため、何の前触れもなく重篤な病気を発症します。突然の脳梗塞狭心症閉塞性動脈硬化症心筋梗塞によって死に至るケースもあります。40〜50代のまだ若い人たちは、前触れなく発症する例が多くあります。

運良く命は助かった場合でも、後々まで後遺症が残ることもあります。ですからメタボリック症候群の予防には国をあげて取り組んでいることなのです。動脈硬化が原因の病気は、メタボリック症候群の対策を立てない限りは増していくものだと考えられるのです。

メタボリック症候群
になる原因は食生活や生活習慣の乱れ、過度の飲酒や脂肪の摂りすぎ、運動不足などの細かなことの積み重ねです。太りすぎの自覚がある人は、我が身を振り返ってみてください。メタボリック症候群の予防が恐ろしい病気の予防につながるのです。運動不足の解消や食生活の見直しによってメタボリック症候群は予防できます。一駅余分に歩いてみたり、階段を積極的に利用するなどしてみましょう。

メタボリック症候群の予防

最近よくテレビや雑誌などで取り上げられるようになった、メタボリック症候群という言葉があります。メタボリック症候群とは、一体どういうものでしょう。

2004年にメタボリック症候群の診断基準というものができました。メタボリック症候群の診断基準で最初に挙げられる点は、へそ周りが男性は85センチ以上、女性は90センチ以上かどうかです。

メタボリック症候群は早め早めに対応した方がいいので、該当する人はより詳しい検査を受けてください。メタボリック症候群の診断基準は、腹囲が該当し、かつ高脂血症高血圧高血糖のどれか2個に当てはまることです。

中性脂肪の数字が150mg/dl以上かHDLコレステロール40mg/dl未満、あるいは両方にあてはまると高脂血症です。血圧の上が130mmHg以上、または下が85mmhg以上ならば高血圧。両方が当てはまる時も高血圧です。最後に、高血糖かどうかは空腹時血糖が110mg/dl以上が境界です。

まずは病院でしっかりと血液検査などをしてもらいメタボリック症候群であるかどうかの判断をしてもらうことからメタボリック症候群の予防と改善は始まります。メタボリック症候群は生活習慣病の温床です。血液中の中性脂肪量が多いと、動脈硬化などを引き起こしやすくなります。動脈硬化が原因で起こる病気はおそろしいものです。肥満が気になる人はまずメタボリック症候群の予防に努めましょう。

メタボリック対策と生活習慣

メタボリックシンドロームを予防するためには、生活習慣の見直しが食事や運動といった対策と並んで非常にポイントとなるメタボリック対策だといえます。

生活習慣としてのメタボリック対策の中でも一番注意したことがタバコとお酒です。習慣としてタバコを吸い、お酒をたくさん飲むという人は、これをいきなり断つのはそんな簡単に成し遂げられるものではありません。お酒とタバコの生活習慣を断つことは、メタボリックを治療する対策としてはとても大切なことだといえるでしょう。お酒やタバコを完全にやめることがどうしてもできない場合でも、ほとんど影響がないくらいの量にまで減らすようにはしていかなければなりません。

メタボリック対策生活習慣として、お風呂に入るときに繰り返し入ることがおすすめです。ぬる目のお湯につかりましょう。このように繰り返し入浴することで新陳代謝が高まり、血行がよくなりますので、湯冷めもしにくくなるでしょう。1回目は短く、2回目は少し長く、3回目はまた短くというように、お湯につかる時間を少しずつずらすのもいいでしょう。半身浴と同じように、からだの芯から温まることができます。また汗もかき、寒い時期にはもってこいのメタボリック対策になる入浴の仕方だといえるのではないでしょうか。

眠たくなったらすぐ床に就く、朝はできるだけ早く起きるようにするなどして、質の良い睡眠をとることも重要です。よく眠れるように、寝る前4時間のカフェインを避けるなどの工夫をすることも、メタボリックを改善するための対策方法になるといえます。少しずつでも生活習慣を改善していくことで、メタボリックシンドロームから開放されるようにしたいものです。それには毎日の積み重ねが重要なのではないでしょうか。

メタボリック症候群を運動で予防する

メタボリック症候群を防ぐには、適度な運動をすることもいいでしょう。メタボリック症候群の予防には食事による効果がありますが、運動もまた効果的な予防方法のひとつです。

有酸素運動は、体の中性脂肪を燃焼させる運動としては、とても効果的なものだといえるでしょう。激しい運動ではなく多少汗をかく程度の継続できる運動がいいでしょう。

それではメタボリック症候群を予防するための運動には、どんなものがあるでしょうか。いちばん手っ取り早い運動としてあげられるのがウォーキングで、20分以上継続することで、脂肪が燃焼し始めるといいます。メタボリック症候群予防としては、早歩きくらいのウォーキングが適当で、まわりの景色を楽しむくらいの余裕を持って行うといいでしょう。水泳もメタボリック症候群の予防には良い有酸素運動で、ゆっくりと疲れすぎない程度に泳ぐ事がポイントです。

水泳やウォーキングをするような時間もなく、生活が不規則であるような多忙の人に限って、メタボリック症候群の予備群といえる人がが多くいるのかもしれません。そんな時間のないような人は、家の中でもできる簡単な有酸素運動をするといいでしょう。踏み台昇降運動や、ラジオ体操などは室内で誰でもできる運動ですので、多忙な人のメタボリック症候群の予防を運動でするにはぴったりといえるでしょう。長く続けられそうな自分に合った運動を選び、メタボリック症候群の予防として継続していきましょう。

お腹に脂肪がたまっている人がなりやすい病気

お腹に脂肪がたまると、かかってしまう病気などはあるのでしょうか。まずお腹の脂肪の大部分を占めるのが中性脂肪であり、このお腹の中性脂肪が増えすぎると動脈硬化の進行に悪影響を与えるといわれています。

血液中で中性脂肪が増加すると、善玉コレステロールが減少し、血栓ができやすくなるのです。それが命に関わる恐ろしい病気、脳梗塞や心筋梗塞などにつながりやすくなるのです。

お腹まわりに内臓脂肪がたくさんついている人は、動脈硬化、糖尿病、また高血圧、高脂血症といった生活習慣病につながりやすくなるといいます。生活習慣病はなかなか治りにくい病気で、一度かかると生涯治療し続けなければならないことも多いのです。

お腹に脂肪がたまっている人の問題は、見た目からお腹の脂肪を減らしたほうがよいのではといった簡単なものではありません。それが原因でさまざまな恐ろしい病気にかかるわけで、私たちの健康には深く関わった問題なのです。

お腹に脂肪
がたまっているなと少しでも感じる人は病院で一度血液検査などを受けてみることをおすすめします。自分の体脂肪などの数値を知ることは、健康管理の第一歩です。普段の生活で、食事の習慣を改善しながら、適度な運動も励行し、お腹の脂肪を取るようにしましょう。お腹の脂肪が取れるとウエストがすっきりとスリムになれることはもちろんですが、同時に冷え性や肌荒れなども改善することができ、いいことばかりなのです。

脂肪肝治療に適した食事

脂肪肝になる要因は、脂の多い食事やアルコールを摂り続けることで、脂肪が肝臓にたまってしまうことです。それでは脂肪肝を治すのに適した食事とは、具体的にどのような食事の摂り方ということになるのでしょうか。

そにはまず、肥満を招かないよう食べ過ぎに気をつけ、食事は腹八分目を心がけることです。たとえば未精白米に雑穀を混ぜたり、パンや麺類も全粒だとさらによく、またたんぱく質はできるだけ植物性食品から摂るようにするといいでしょう。

肉や乳製品といったものは血液を汚す元になるので、できれば控えるようにしましょう。また脂肪を過剰に摂らないようにし、白砂糖や刺激になる香辛料はなるべく避けるようにすることが、脂肪肝治療に適した食事です。

そしてミネラルやビタミンを充分に摂るよう心がけ、玄米発酵食品を利用して、ビタミンを多めに摂るようにするといいでしょう。肝臓に障害がある場合はビタミンやミネラルが貯蔵されにくくなっていて、新鮮な野菜をたくさん摂ることも、脂肪肝治療に適した食事では重要なのです。

また脂肪肝の人は、アルコールは禁止するのが基本的な条件です。もうひとつ気をつけたいことは、肝臓は人工的に合成されたものを解毒する力が弱いので、合成添加物や農薬などを取り込まないように、食品への付着などにも気を配りたいものです。

脂肪肝治療に適した食事の際には、なるべく自然のものを食べるようにするとよく、そうすれば脂肪肝の人の肝臓にあまり負担がかからないですみます。こうして脂肪をできるだけ避け、バランスも考えた食事をよく噛んで摂るようにすると、脂肪肝の改善につながるでしょう。
タグ:脂肪肝 肥満

メタボリックシンドローム予防のための食事

メタボリックシンドロームの予防には、やはり食事から始めることが一番です。食事で振り返らなければならないのは、その内容だけでなく、食べる量や時間、そして食べ方も大きく影響をするのです。

日々の習慣になるように少し気をつけるだけでも予防策としては有効なので、あまり神経質にならない程度に少しずつ実行していけば、ダイエットにもなり、健康にももちろんよい結果をもたらすでしょう。

メタボリックシンドロームにならないための措置として、寝る3時間前以降はものを食べないということも重要です。寝る3時間以内の飲み食いは中性脂肪を増やすことになり、その中性脂肪を代謝する機能は、食べてからすぐに眠るとうまく処理されないという構造だからです。そうしてうまく処理できなかったエネルギーは血液中に残ってしまい、中性脂肪を増やす元になってしまいます。

また、食べたあとにすぐ寝ることは脂肪の吸収をよくすることで、それで脂肪がたまってしまい、さらにメタボリックシンドロームの状態に一歩近づくというわけです。

食事を時間をかけてよく噛むようにすること、そのことでもメタボリックシンドロームの予防をしていることになるのです。食事の際よくかむと、満腹中枢が刺激され、それで少量の食事でも満足できるうえ、インスリンの分泌も正常にできて肝臓への負担を軽くすることも可能になるのです。ひとくち30回程度かむことが目安で、たとえていうなら食べ物が口の中でおかゆのような状態になるのがいいのです。

また食事の量を制限することもメタボリックシンドロームの予防策としては忘れてはならないことです。一日に必要なエネルギー量を知り、その範囲内での食事量に留めることで余計な脂肪がつかずにすみます。

≪お勧め商品≫
管理栄養士が美容と健康を考えて作ったダイエット食品【全額返金保障】ナチュラルバランスダイ...

動脈硬化にならないために

メタボリック症候群になった場合、糖尿病が最も恐ろしいという話をこれまでしてきましたが、実は、動脈硬化も同様に怖い病気です。糖尿病だけでなく、動脈硬化についても正しい知識をもって、メタボリック症候群を改善する必要があります。

メタボリック症候群が、その肥満の対策も含めて考えられるようになった本来の目的は、動脈硬化によって起こる循環器病をどのようにして予防できるか、ということでした。その循環器病とは、心筋梗塞、狭心症などの心臓の病気、そして脳梗塞、閉塞性動脈硬化症などのことです。動脈硬化は、ある程度症状が進まないかぎり、なかなか症状として出にくい病気です。しかも、動脈硬化による循環器病は働き盛りに突然発症することが多くなっています。それは生命に関わる重大な病気につながることも多く、後遺症も深刻なのです。

メタボリック症候群をそのままにしておくと、それはやがて動脈硬化を引き起こすことになるのです。動脈硬化にならないために、メタボリック症候群の段階でしっかり対策ができていなければなりません。それはメタボリック症候群に陥ったとしても、それ以上悪い状態にならないように対策を講じればいいということを意味しています。

肥満の対策を講じるようにすれば、必ずしも動脈硬化につながるというわけではないということです。それでメメタボリック症候群の対策を考えるなら、まずは生活習慣を見直して、運動を心がけることが重要です。もしメタボリック症候群に陥っても、それを改善するように努力すれば、誰しも健康な体には戻れるということです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。